ドタバタ4兄弟育児奮闘記

100冊読書日記がおすすめな件

time 2016/09/23

100冊読書日記がおすすめな件

みなさんこんにちわ。

今日は先日借りた図書館の本の紹介をします。

image

アンジュール

開いてみてびっくり。そこに文字はなくて鉛筆でデッサンされた絵がいくつも描かれていました。

犬は車から投げ捨てられ野良犬となってさまよい歩きます。犬の様々な表情が魅力的であります。

自分でお話を作って聞かせることができますので、結末も様々です。素敵なお話に仕上げてくださいね。

image

いのちのまつり

僕がいてお父さんお母さんがいて、そのまたお父さんお母さんがいて、さらにお父さんお母さんがいて。。。

いのちの不思議な繋がりを描いています。びっくりするような仕掛けは「いのち」の大切さをみんなに教えてくれます。

image

いやいやえん

すごく懐かしい本です。私も子供の頃大好きで何度となく読みました。

元気な幼稚園児のしげるが主人公です。全部で7篇のお話から成り立っていますが、やはり私のお気に入りはこのタイトルどうりの最後の7篇目のいやいやえん。

あれもこれも嫌だと言ってお母さんを困らせるしげるが行ったのは、困った子がたくさんいるいやいやえん。

その中でのやり取りがなんとも面白いこと。お勧めです。

image

王様と九人のきょうだい

子供のいないおじいさんとおばあさんに、ようやく生まれたのは9人の赤ん坊。この赤ん坊見た目もソックリですくすく成長していきました。

兄弟が成長したとき、意地悪な王様が無理難題を言ってきます。きょうだい9人がそれぞれ大活躍して幸せに暮らすというお話です。

面白すぎて子供達と笑いながら読みました。

image

エルマーのぼうけん

動物島に捕まえられている竜の子を助けるためにエルマーは冒険の旅に出ます。次男はこの話が大好きなようで一人で夢中で読んでいました。冒険というのが魅力の一つですね。

まだまだ図書館には素敵な本がたくさんあります。お勧めの本、自分だけのお気に入りの本を見つけ100冊目指して読書日記継続していきたいと思います。

それでは皆さん、今日も太陽の笑顔で行きましょう!

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link