ドタバタ4兄弟育児奮闘記

保育園の給食提供について考えて見る

time 2017/04/30

保育園の給食提供について考えて見る

皆さんこんにちわ。

娘も保育園に入り毎日元気に登園しています。

楽しみの一つは給食。

いろんなメニューが毎日考えられて提供されます。

三歳未満児には、午前のおやつ、昼食、午後のおやつ、三歳児以上は昼食と午後おやつの提供になります。

ご飯の量は大体100グラムから140グラム、食パンにすると6枚切り1枚、ロールパン2個くらいの摂取が1回の食事に取る量です。

できるだけ県内産の食材を使用して、地産地消を心がけるように、また給食で使用する食器は子供にあった素材、形状の物を使用しています。

保育園では毎日、その日の献立をサンプルケースに展示しているので、お迎えの際に見るのも楽しみの一つであります。

4月の献立では手軽に食べることのできるポトフを紹介していて、また、ポトフが余った時などはリメイクを教えてくださいました。

前日余ったポトフに冷ご飯とトマト缶やチーズなどを入れて煮込めばリゾットに、ルウを入れて煮込めばカレーやシチューが簡単に出来上がります。

食育にも力を入れているので小さな頃から子供たちは食べること、作ることに興味しんしんです。

普段家庭では、なかなか細かく関われないことを丁寧に教えてくれるのが、保育園なので

助かっています。

毎日元気いっぱい、しっかり食べて心も体も大きくなって欲しいものです。

それでは皆さん、今日も太陽の笑顔で行きましょう!

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link