ドタバタ4兄弟育児奮闘記

冬は子供のやけどに気をつけましょう

time 2017/02/02

冬は子供のやけどに気をつけましょう

皆さん、こんにちわ。

相変わらず寒い日々が続きますね。

冬は暖房を使うことが多く、やけどに気をつけなくてはいけませんね。

特に多いのがストーブやヒーターでのやけどですね。

昔、次男がまだ1歳になったばかりの頃にやはりヒーターでやけどをしました。

ヒーターのやけど防止のガードは付けておいたのですが、子供の考えることはわかりませんね。。。

ガードの間にちょうどおもちゃを挟んでしまい、そのおもちゃを取ろうとしたらしく、次男の指も挟まってしまいそのまま水膨れに。。。

かわいそうなことをしてしまいました。

そして、忘れた頃に娘のやけど。

やはり同じくヒーターで今回は足をめくって走り回っていて、知らないうちにヒーターのガードに足をつけてしまい、ガードの跡がつくやけどをしてしまいました。

皮膚がめくれていて、範囲は小さいものの痛々しい姿でした。

ヒーターのガードもあっても決して安全ではないことを痛感しました。

勿論、ないよりはましなのですが。。。

IMG_0117

やけどをしたら、とにかく流水で冷やして、皮膚科に行きましょう。

皮膚科では1日おきに塗り薬を塗る処置がされることが多いです。

だんだんとやけどした部分も乾いてきて、かさぶたになり新しい皮膚が出来上がります。

娘もかさぶたは全てきれいに取れましたが、まだやけどの跡はわかります。

時間が経つにつれて薄くはなるかと思いますが。

ヒーター、ヤカンのお湯などは本当に気をつけたいことですね。

そばを離れるときは、ヤカンは子供の手の届かない場所に置き、ヒーターは電源を切ることですね。

冬ならではの苦い思い出です。

それでは皆さん、今日も太陽の笑顔で行きましょう!

 

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link