ドタバタ4兄弟育児奮闘記

子供が時間にル―ズ、そんなときの対処

time 2016/03/05

子供が時間にル―ズ、そんなときの対処

皆さんこんにちわ。我が家の次男、三男はとても時間にルーズなんです。次男は、登校班の集合時刻に間に合わないことが、たびたびあり、三男は毎度毎度幼稚園に遅刻。。。学校や、幼稚園だけではなく家族で出かける際もいつになっても来ない。。。「もう行くからね」としびれをきらし声をかけると半泣きで「待ってーおいて行かないでー」とこれいつもの光景。

私の方としては、前もって声をかけて何度となく「何時になったら、行くよ」と伝えるのですが、効果なし。子供は、大人が考えているよりも時間の感覚が長く、まだ間に合うと思うことが多く遅れてしまうこともあるそうです。特に、まだ、三男時計が読めなくて、何時と伝えてもわからないのが本当のところです。そこで、考えてのが、三男専用に100円ショップで置き時計を買ってきて、三男に言いました。

「今日から、この時計は  君の時計です。」「この時計の針を見て、針が  になったら  しようね。」と伝えました。具体的には、時計の針が数字の3とか、4とかをさしたら、着替えようね、出かけようね、などです。これは、我が家の場合はすごく効果がありまして、おかげさまで、今では遅れることなく行動できています。次男の方も、随分と遅刻は減り、学年とともに登校班の集合時刻に間に合うようになりました。

image

また、心がけていることとして、遅刻しそうな時にますます焦るような言葉をかけないようにしています。「まだ、この時間だから、充分間に合うから大丈夫だよ」と。こうすることで、子供もパニックにならなくて済みますし、お互いに気分が良い状態で行って来ますの挨拶もできます。

少しの工夫で、随分と気持ちにも余裕ができます。ぜひ、試してみてください。

それではみなさん、今日も太陽の笑顔でいきましょう!

 

 

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link