ドタバタ4兄弟育児奮闘記

子供が咳払いばかり?気をつけないといけない音声チックとは何?

time 2016/09/09

子供が咳払いばかり?気をつけないといけない音声チックとは何?

みなさんこんにちわ。

今日は音声チックについて書きます。

我が家の子供たちは長男、次男共に小さな頃はチックがありました。

目をパチパチさせるのが特徴でした。。

これは運動チックの一種でありこの他にも運動チックには顔をしかめたり、物に触る、肩をすくめる、爪噛みなど様々な動作があります。

チックには運動チックと音声チックがあり今回は音声チックについて触れてみたいと思います。

何故、音声チックなのか?

それは三男に、運動チックに加えて音声チックが出始めたからです。

音声チックの症状は、咳払い、鼻ならし、汚い言葉を言う、舌打ち、奇声などあります。

三男の場合は咳払いです。

夏休みに入ってからでした。最初は喉の風邪から来るものかと思っていました。しかし、1週間、2週間経っても治る気配がありません。

しかも、ある特定の時に決まって咳払いをするのです。それはテレビを見ている時です。もう一つ、寝る時です。

2つともそばにいる側としては気になって仕方がないのですが、本人は気がついていません。テレビを見ている時は仕切りに咳払いをしているので、かえって喉を痛めてしまうのではと思うほどです。

原因は何でしょう。

夏休みに入って車と接触する事故を起こしました。夏休み中、兄弟喧嘩ばかりして、いつも末っ子の三男は泣かされてばかり。。。私が怒り過ぎ。。。

image

いろいろあります。どれが原因かはわかりませんが、チックに対して注意したりせずに見守ることが大切です。自然と治っていることもあります。

親としては自分の育て方がわるかったと攻めてしまいがちですが、そんなことはないのです。

子供と共に付き合って行くことが大切です。一人で悩まずに専門家や周りに相談してみましょう。症状がひどい場合は内服薬もあるみたいです。

我が家も三男がストレスをためないように上手に気分転換をさせて気長にチックと付き合っていくつもりです。

それでは皆さん、今日も太陽の笑顔で行きましょう!

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link