ドタバタ4兄弟育児奮闘記

困った行動が増えた我が家の三男

time 2017/04/18

困った行動が増えた我が家の三男

皆さんこんにちわ。

新学期もスタートして新しい環境にも徐々に慣れてきた我が家の子供たち。

しかし、学校ではやはり自分の感情を抑えることも多いのも事実。

我が家の三男、最近困った行動がとても多い気がします。

家に帰ってきて宿題そっちのけで遊びに出かけ、結局、夜遅くにやるものだから、寝る時間も遅くなり、毎朝寝坊。そして朝はまた一段と機嫌が悪くて、ひっくり返り大騒ぎ。

泣いて泣いて、暴れまわります。ここまでは、とりあえずまだ良いのですが、娘にも手を出す始末。関係ないのに当たられる娘はなんてかわいそうなんでしょう。

他の兄弟とも折り合いが悪く、かなわないのにケンカ。そしてまた大泣きして大暴れ。。。

三男は「〇〇ばかり。。。ずるい」と娘のことをよく指摘してきます。

私は、つい、保育園で頑張っている娘を構いすぎてしまったのかもしれません。なるべく三男と平等にしているつもりなのですが、三男の目にはそうは映っていなかったのです。

そこで三男と短い時間でも1対1でじっくりと向かい合う時間を作って見ました。例え10分でもその10分間は三男だけのためのものです。学校から帰ってきたら、おやつを一緒に食べてしっかりと学校での出来事を聞いてあげます。幸い、我が家に帰ってくるのは三男が一番早く、娘のおむかえ時間までは30分以上時間もあります。

なので、この時だけは他のことは忘れて三男だけの時間です。これをやるようになってからは、随分と三男の癇癪も少なくなりました。やはり大切なのは時間の共有ですね。

三男も2年生になりましたが、まだまだ甘えたい年頃です。学校で頑張っている分、家ではリラックスできる場にしてあげたいものです。

それでは皆さん、今日も太陽の笑顔で行きましょう!

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link