ドタバタ4兄弟育児奮闘記

整理整頓ができない子供に教える効果的な整頓方法

time 2016/04/20

整理整頓ができない子供に教える効果的な整頓方法

皆さんこんにちわ。今日は子供に部屋の整理整頓を教えることについて書きたいと思います。

我が家、毎日夕方になると部屋の中が子供のものであふれかえっています。。。何度言っても次から次へと物が出てきます。子供たちは「今遊んでいるから、遊び終わってから片付ける」といい、いつも寝る前まで散らかっています。

まったく困ったものですが、もっと小さいうちから片付けや整理整頓を教えておけばよかったかななんて今更ながら思いました。

末の2歳の娘にもおもちゃを使ったら片付けることを繰り返し繰り返し教えています。もう少し大きくなったら整理整頓も教えるつもりですが、この整理整頓はなかなか子どもだけでするのは難しいものです。

小学校に入るくらいまでは片付けも親が声掛けしながらやるといいでしょう。もう少し大きくなったら、「使いやすく、並べるといいよ」などと整理整頓を教え始めるといいでしょう。

「これはまだ使う?」などと聞きながら一緒にするとだんだんとわかってきて整理整頓も覚えると思います。

image

片付けの基本は物を捨てる「整理」、物を置く場所を決める「整頓」、物を元の場所に戻す「維持」です。子供の場合は片付ける際は「維持」から取り組むといいでしょう。「維持」とは「使ったらしまう」「ここにはこれしか置かない」など約束を決めると持続していくことができます。

「整頓」はよく使うものなどわかりやすく箱などに入れて使いやすくします。あまり使わないものは机の奥の引き出しなどと決めると良いでしょう。「整理」はノートや、学校からの手紙など「いる、いらない」に分けることから始めましょう。いらないものを処分することにより新たなスペースができて、よりいっそう気分もすっきりして整理整頓を心がける気持ちも生まれるでしょう。

最初はうまくいかなくても少しサポートしてあげながら見守りましょう。

それではみなさん、今日も太陽の笑顔でいきましょう!

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.



sponsored link